一級建築士が最高にいい
一級建築士が最高にいい
ホーム > 注目 > ダイエットを行うときの心構えとして

ダイエットを行うときの心構えとして

ダイエットに、効果的なのは息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。
遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレで使われているのは速筋を使います。遅筋は筋が肥大しにくく、ボディビルダーみたいにマッチョのようになりにくい筋肉です。


この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、魅力あふれるスタイルになってゆきます。

ダイエットを行うときの心構えとしてまずあらかじめ基礎代謝量を計算しておくことが大事です。


基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されるエネルギーのことをいい、数値が大きいほど、太りづらい体質だといえるのです。



便利なことにネット上で簡単に基礎代謝が計算できるサイトがありますので、一度計算してみるといいと考えます。

基礎代謝の数値を知ることは重要です。


どうしてかというと、自分の代謝量を知らずに、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることはできないためです。10代の頃のような無理なダイエットをするのが体が言う事をきかなくなった分、いつも静かに数値を考えていきたいと思うこの頃です。ダイエット時のおやつは絶対にNGです。
おやつで食べるものが、仮にスナック菓子などではなかったとしても、食べただけ、太っていくという現実を忘れないでください。


過度の我慢も良くないけれど、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食べたい欲求をコントロールできるように身体を変えていきたいものです。職場の人とのコミュニケーション上のストレスで、最近は、自分でもどうしたのかと思うくらいに、過食にはしってしまっています。ほっぺや顎や二の腕や、ウエストにもお肉を蓄えてぷよぷよで、どうにかして痩せたいと考えているのですが、なかなか、運動する余裕がありません。
そんなときに、あまり苦労しないでスリムになる薬が、あったらいいのになと思います。


苦労しないで、飲むだけでスリムになる薬があったなら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありますね。そんな風に思うくらい切実です。

ダイエットに効率的な運動といえば、やはり有酸素運動ですよね。
体重を落とすのを成功させるためにはカロリー消費が大切なので、消費カロリーが膨大なジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動がおすすめです。



又、体を引き締めてメリハリのある体の線を作るためには、筋トレも一押しです。ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、一番効果のあると考えられている心拍数を自分が理解することで効率よくエネルギーを消費することで、脂肪燃焼を高めることが出来るようになります。


あまり、無理に長い時間体を動かし続けるほど痩せられるのではなく、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が行き届かないために、逆効果になります。


痩せる食事のイメージは脂肪分や糖分が比較的少ないものが浮かぶと思いますが、私の個人的な経験から、塩分の少ない食事がとても効果があったように思います。

特に、上半身よりも下半身が気になって仕方ない方は、まず減塩をしてみることをアドバイスとします。